2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
仲良雀ちょっとした考察
2010.09.18 (Sat)
とりあえず基本的な上がりの形として
ペアx3 ステージ同番3x2
というのがあると思います

ペアはミスティアが友達いなくてカワイソスというのは置いといて
まずはステージ同番についての考察
紅魔郷、妖々夢、永夜抄、風神録、地霊殿、星蓮船
といった大型セットには基本的に1~6に1人ずつキャラがいますが
中には特例的に複数キャラが登場する場合があります

妖々夢には4ボスが3人、7ボスが2人
永夜抄には4ボスが2人
星蓮船には3ボスが2人
花映塚には1~4ボスが無く、5と6ボスのみ存在する
更に黄昏のキャラは5ボスが1人、6ボスが2人

トータルすると
1の枚数が6枚
2の枚数が6枚
3の枚数が7枚
4の枚数が9枚
5の枚数が8枚
6の枚数が9枚
7の枚数が7枚

纏めてみると、4と6のペアが一番上がりやすい形と言えるかな
次点で5、更に3と7


次に1・2・3などの連番について
妖々夢の4・7待ちはガチ強い、4が3枚もあるし、7なんか引いた日にはペアまで付くし偉い事に
あとは星蓮船の3・6の連番なんかもペア付きまくって強いかな、3の枚数も1枚多いしお得感


あとはポーカーで言うとこのフラッシュ的な染め手について
紅魔郷の枚数が9枚
妖々夢の枚数が10枚
永夜抄の枚数が11枚
風神録の枚数が9枚
地霊殿の枚数が8枚
星蓮船の枚数が8枚
その他の枚数が12枚

どれも一律に5Pということを考えると地霊殿や星蓮船は無理に狙うには枚数が少ないし
その割にポイントも低いしとあんまし美味しくない
同ステージボスの6枚役が6Pということを考えると割安感が否めないかな
(4ボスや6ボスは9枚もあるし)

狙うなら4ボスのくせにぽいぽい切られて上がりやすい妖々夢
単純に枚数の多さでツモしやすい永夜抄辺りかな?
その他の枚数が一番多いけどこれはペアが作り辛いし、手の進行を考えると狙い辛い
3枚役以外はポンも出来ないしね、まぁ降りる時には安全牌だらけなのは良いけどもw

例外として花映塚が25Pだけど、これは全6枚だし、6枚役で30Pじゃないとかどういうことw


次は3枚役について
魔理沙6種類
霊夢4種類
文4種類
早苗3種類
萃香3種類
紫3種類
多いとこだとこんな感じかね

とりあえず魔理沙の凡庸性は最強、次点で霊夢と文
一番使いやすい4ボスで尚且つ枚数の多い永夜抄、更にペアになるキャラも多いという鬼性能ぶり
4ボスは恐ろしい・・・


あとはあまり使わないであろう4枚役について
永淋が3種類
依姫が3種類

永淋はペアが優秀だからまぁ運が良ければ狙ってもいいかも?


最後にペアについて
優秀なキャラを上げると
霊夢が9人
魔理沙が7人
紫が6人
パチュリーが5人
永淋が5人
文が5人
レミリアが4人
慧音が4人
鈴仙が4人
にとりが4人
早苗が4人
萃香が4人
空が4人
白蓮が4人

単純にペアになる人数で行けば霊夢がダントツなんですが
ペアになるキャラが1人のキャラを拾える魔理沙、紫、パチュリー辺りがとても優秀
まぁオールペアを狙うなら上記のキャラの組み合わせを考慮するのは
複数ペアを組んで得点を上げる意味で、とても重要と言えるんじゃないでしょうか


かなり長くなりましたが今回はこの辺で!
スポンサーサイト
記事編集19:05| 雑多| トラックバック:0| コメント:0| Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。